美濃羽会中津川稽古会の1年間の行事を紹介します。

1月 新年会

 毎年、1月の第2土曜日に代表の自宅で新年会を行います。

   この日は恒例となった瀬沼杯争奪手裏剣大会を行います。毎年賞品を用意することもあり、白熱した競技が繰り広げられます。話にも花が咲き、楽しいひとときを過ごします。

 

4月 苗木城 桜まつり 武道演武会

 毎年、桜の季節には苗木城の麓にある中津川市苗木公園で「桜まつり」が行われています。

 この公園には、1000本のソメイヨシノが植えられており、毎年多くの人でにぎわいます。桜の雲の上に、遠くに望む恵那山が浮かんでいるように見えます。

 我々もこの期間内の土曜日の午後に演武を行なわせてもらっています。なお、この演武会は埼玉県の手裏剣術及び古流剣術の道場「翠月庵」と合同で演武を行います。

 演武終了後は皆でお花見を行い、夜も親睦会が開かれ、翠月庵主宰の瀬沼氏による手裏剣講習会もありま

 

 

5月 「光秀まつり」演武

 毎年5月の連休には恵那市明智町で「ちょっとおいさい祭」が行われまが、初日の5月3日は「光秀まつり」と呼ばれており、明智光秀公を先頭にした武者行列「明智光秀武者行列」が明智の町中を練り歩くのが名物となっています。武者行列の後は、行列に参加した「光秀鉄砲隊」による火縄銃の一斉射撃も行われ、その迫力満点の轟音は観光客を驚かせています。  

 私たちも、毎年「明智光秀武者行列」の終了した後、12:00から日本大正村浪漫亭前で居合演武を行わせてもらっています。  

 

8月 納涼会

 毎年、8月の15日前後の土曜日に、代表自宅で美濃羽会中津川稽古会の「納涼バーベキュー」を行うのが恒例となっています。とても楽しく和気藹々とした雰囲気の中、夏の一時、会員たちは大いに語り合って親睦

を深めます 

  例年、「翠月庵」の皆さんも参加してもらえるため、納涼会が始まる前には2回目の手裏剣講習会を行います。この手裏剣講習会は、瀬沼氏の明快で分かりやすい解説によって「手裏剣術」を基礎から学ぶことができ、また上達段階に合わせて様々な技法を体験することができます。 美濃羽会中津川稽古会の会員たちは、この手裏剣講習会によって手裏剣の技術が年々上達しています。 

 

10月 「関市刃物まつり」演武

 毎年、10月の第2土曜日、日曜日の両日に、岐阜県関市において「刃物まつり」が行われます。

その「関市刃物まつり」の初日の土曜日11:00からは、毎年美濃羽会の関市本部道場が主催する「武道演武祭」が行われます。その演武大会には、戸山流をはじめ、他流派の居合・剣術の団体が20団体ほど参加します。私たち中津川稽古会も、毎年この演武会に参加し、演武を披露しています。 

 

11月 「遠山史料館」演武

 毎年、11月3日の文化の日には、苗木の遠山史料館の駐車場で、11:00から演武を行わせてもらっています。

 演武の終了後は、代表自宅で恒例の親睦会を行っており、会員たちも楽しみにしています。 

 

12月 忘年会

 毎年、12月の第1土曜日か、第2土曜日に遠方からのお客も交えての合同稽古を行っています。その後、代表の自宅に移動して忘年会を行います。「鍋」を囲み、酒を酌み交わしながら笑い合って親睦を深めています。

 また、例年、瀬沼氏による3回目の手裏剣講習会も開催されます。