Q どのような稽古を行っていますか? 
A 北部体育館、あるいは福岡公民館、福岡区民会館などで稽古を行っています。稽古内容は、武術的

  な身体操作確認、木刀、小太刀、槍を使っての各種素振り、木刀、小太刀、槍を使っての相対稽古

  各種組太刀の稽古、そして居合刀を使っての抜刀、納刀の確認、居合の各種型稽古などを行っています。

  また、演武の前などに代表自宅の稽古場において、刃引きの刀を使って竹を斬る稽古も行います。

  そして、稽古の後はコーヒーブレイク。和気藹々とした楽しい時間を過ごすのが恒例になっています。

 

 

Q 何人くらいで稽古をしていますか? またどのような人が稽古をしていますか?
A 美濃羽会中津川稽古会の会員数は約15名です。武道経験者、武道以外のスポーツ経験者もいれば

  スポーツの経験がほとんどない人もいます。年齢も、20代から50代までさまざまです。

  皆、真剣な中にも楽しみながら稽古をしています。

 

 

Q 武術や武道の経験がありませんが、大丈夫ですか?

A 大丈夫です。本会では、型を通じて丁寧に身体を動かすという稽古方法を行っているため、武道歴

  やスポー ツ経験の有無、また年齢や性別はそれほど問題になりません。

 

 

Q 年を取っていますが、入門に年齢制限はありますか?
A いいえ。居合抜刀術は何歳からでも始めることが出来ます。本会に50歳を過ぎて入門された方が

  2名いらっしゃいますが、その上達ぶりは目を見張るものがあります。

  ただし、未成年者の入門に関しては、基本的にお断りしています。20歳になるまでお待ちください。

 

 

Q 仕事の都合で毎週は稽古に通えないのですが、大丈夫ですか?
A 大丈夫です。年会費を一括で支払っていただくため、ご自身の都合で稽古日をお決めくだされば問題

  はありません。居合抜刀術の技量と感覚は、一度身に付けるとあまり衰えないため、自分のペースで

  稽古を続けましょう。

 

 

Q 他の武道、あるいは他流派の居合との併習はできますか?
A できます。ただし、本会での稽古中は、本会の理合・技術論に基づいた稽古方針を厳守していただき

  ます。もし、どうしても遵守出来ない場合は入会をご遠慮ください。

 

 

Q  稽古を始めるのに際して、どういったものが必要になりますか?

A  稽古に必要な「居合刀」、「居合帯」、「木刀(大刀と小太刀)」を用意していただくことにな

  ります。既にお持ちの場合は、新たに購入する必要はありません。新たに購入を希望する方には

  良心的な業者の紹介をします。また、本会では「黒い居合着」、「黒い袴」、「白肌襦袢」を

  着用して稽古や演武を行うため、これらも購入していただきます(したがって、入会金、年会費

  の他に道具類、道着類の費用がかかります)。

     上記の道具類、道着類の全てを新たに購入する場合、42,000円ほどのお金が必要となります。

  なお、道具等については、購入されるまでの間は本稽古会所有のものをお貸しします。

   

   

Q 段位の認定はどのように行われますか? 
A 美濃羽会における段位は、その技量の練達の度合によって中津川稽古会にて審査を行います。

  その上で美濃羽会の中田猛会長に直接技量を審査、認定してもらって免状を発行します。

 

 

Q 稽古を見学、あるいは体験稽古はできますか?
A できます。本会に興味を持った方はもちろんですが、入会を迷っている方も気兼ねなく見学、

  あるいは体験稽古にいらしてください。ただし、見学・体験稽古を希望の場合は、必ず事前に

  メールで連絡をしてください。

 

 

Q 体験稽古の際は、どのようなものを用意すればいいでしょうか? 
A もし、剣道着、柔道着、空手着などの道着をお持ちであれば用意してください。道着等を持って

  いなければ、ジャージなどの動きやすい服装でお越しくだされば結構です。体験稽古に必要な

  木刀、居合刀、居合帯についてはこちらで用意をします。

 

 

Q 武術を稽古すると、日常生活の役に立ちますか?
A 役立ちます。まず、合理的な身体操作を身につけることで、日常生活での動作が楽になります。

  体調も良くなり、腰痛や肩凝りなども改善されます。そして、何よりも、「先」「間」「位」 と

  いった武術的な感覚が磨かれ、この感覚が日常生活に役立ちます。

 

 

 

※その他のご質問は、メールにてお問い合わせください。